HOME>イチオシ情報>年齢と共に現れる症状!オンジが含まれている医薬品で改善しよう

年齢と共に現れる症状!オンジが含まれている医薬品で改善しよう

男の人

オンジを摂取することで得られる効果

イトヒメハギの開花期の根から精製される生薬のオンジは、古くから漢方において物忘れ改善に効果があるとして重用されています。医学的には、心臓への栄養供給を高めてポンプ機能を活性化するとされます。心臓の働きが強化される事によって、全身への血液・栄養供給の改善を期待する事が出来ます。東洋医学では心臓の強化そのものが精神活動の正常化に繋がるとされますが、西洋医学では脳機能の活性化が物忘れ予防に繋がると考えられます。何れの立場を採るにしても、栄養供給の改善は双方の臓器機能の活性・改善に繋がる事から物忘れ防止への効果が期待出来ます。また生薬ならではの穏やかな作用に伴って、精神面へのリラックス効果が期待出来る点も、加齢による物忘れを抑える事になると考えられています。

錠剤

服用する時の注意事項

オンジを服用する際に注意する点としては、まず確立としては低いものの、精神神経系の副作用が現れる可能性があるという点です。代表的な症状としては眩暈で、現れた場合には体質との不一致が考えられるので服用を中止すべきです。また、初期症状では物忘れが見られ易いという点で共通項がある認知症に対しては、改善効果が見られません。これは本来の物忘れ症状と認知症では、機能低下を起こす臓器・部位が異なっている事に起因します。従って別の薬剤等でのアプローチが必要となり、オンジで治療を図る事は寧ろ適切な治療を受けられない故の症状悪化に繋がります。そう考えると、物忘れか認知症かを服用開始前にはっきりさせて置く事は、大きなポイントとなります。